バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

 

それでは、フォワード型バックテストにおけるバックデータを下記に掲載致します。
なお、基準とするレートデータは、弊社が誤差無く取得可能な最も古い2003年以降を
対象としており、特徴“其の五”解説のとおり、2003〜2005年を選定期間とする
フォワード結果算出開始年である2006年以降のバックデータとなります。

 

★バックデータは、あえて控えめに「安定型」設定の結果を掲載しています。
「安定型」以上に攻めのトレードをご希望であれば、所謂、攻撃型ロジックへの
設定数値変更等は、ご購入後のマニュアルに記載していますので、各自リスク許容に
合わせた設定変更が簡単に可能となります。(※微調整も可能)

 

※初期投資金額は100万円スタート設定です。
※【MHSP】による相関トレードゆえに安全運用可能な複利運用をベースにしています。
※トレード回数は相関ペアセットあたりの1トレードを1回とカウントしています。

 

 

 

バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

資産推移 増減率 トレード回数
2006年 1月 990,397 -0.96% 12
2月 1,017,859 2.77% 22
3月 1,035,115 1.70% 19
4月 1,090,757 5.98% 18
5月 1,131,977 3.78% 22
6月 1,201,586 6.15% 19
7月 1,182,857 -1.56% 22
8月 1,234,832 4.39% 19
9月 1,297,367 5.06% 23
10月 1,355,285 4.46% 20
11月 1,401,944 3.44% 20
12月 1,380,707 1.51% 16
2007年 1月 1,404,009 1.69% 13
2月 1,486,102 5.85% 16
3月 1,618,810 8.93% 21
4月 1,692,157 4.53% 16
5月 1,734,730 2.52% 10
6月 1,622,508 -6.47% 8
7月 1,665,252 2.63% 12
8月 1,518,791 -8.80% 20
9月 1,506,483 -0.81% 12
10月 1,564,443 3.85% 9
11月 1,736,726 11.01% 13
12月 1,829,140 5.32% 12
2008年 1月 1,797,901 -1.71% 13
2月 1,840,409 2.36% 9
3月 1,808,760 -1.72% 7
4月 1,837,760 1.60% 14
5月 1,963,802 6.86% 11
6月 2,205,352 12.30% 12
7月 2,400,612 8.85% 15
8月 2,272,418 -5.34% 10
9月 2,518,600 10.83% 15
10月 2,663,587 5.76% 9
11月 2,985,752 12.10% 14
12月 3,142,760 5.26% 12
2009年 1月 3,444,220 9.59% 26
2月 3,844,074 11.61% 23
3月 4,028,225 4.79% 23
4月 4,647,404 15.37% 25
5月 5,004,333 7.68% 24
6月 5,464,796 9.20% 22
7月 5,546,872 1.50% 23
8月 5,591,591 0.81% 23
9月 6,031,051 7.86% 25
10月 5,917,022 -1.89% 19
11月 6,233,339 5.35% 18
12月 6,160,605 -1.17% 22
2010年 1月 6,235,772 1.22% 17
2月 6,063,064 -2.77% 13
3月 6,197,677 2.22% 24
4月 6,886,380 11.11% 22
5月 6,409,171 -6.93% 14
6月 6,392,820 -0.26% 16
7月 7,023,266 9.86% 25
8月 7,595,174 8.14% 20
9月 7,557,805 -0.49% 13
10月 7,180,825 -4.99% 25
11月 7,538,166 4.98% 21
12月 7,805,216 3.54% 20
2011年 1月 7,820,400 0.19% 21
2月 7,945,745 1.60% 22
3月 8,288,864 4.32% 22
4月 8,567,176 3.36% 20
5月 9,685,814 13.06% 22
6月 10,007,396 3.32% 26
7月 9,375,018 -6.32% 15
8月 9,491,915 1.25% 21
9月 9,810,679 3.36% 23
10月 10,069,754 2.64% 16
11月 10,548,777 4.76% 27
12月 10,604,885 0.53% 18
2012年 1月 10,513,876 -0.86% 21
2月 10,976,045 4.40% 26
3月 12,148,057 10.68% 28
4月 12,619,603 3.88% 25
5月 12,704,761 0.67% 18
6月 12,591,900 -0.89% 26
7月 13,168,818 4.58% 23
8月 13,137,925 -0.23% 22
9月 13,187,000 0.37% 23
10月 13,505,865 2.42% 24
11月 13,418,511 -0.65% 21
12月 13,555,571 1.02% 16
2013年 1月 14,070,301 3.80% 25
2月 15,054,736 7.00% 19
3月 15,258,884 1.36% 23
4月 16,617,871 8.91% 23
5月 15,621,723 -5.99% 22
6月 15,629,139 0.05% 21
7月 16,849,424 7.81% 11

 

※2013年7月は、8日現在までの結果となっております。

バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

 

 

 

バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

資産推移 増減率 トレード回数
2006年 1月〜3月 1,035,115 3.51% 53
4月〜6月 1,201,586 16.08% 59
7月〜9月 1,297,367 7.97% 64
10月〜12月 1,380,707 6.42% 56
2007年 1月〜3月 1,618,810 17.25% 50
4月〜6月 1,622,508 0.23% 34
7月〜9月 1,506,483 -7.15% 44
10月〜12月 1,829,140 21.42% 34
2008年 1月〜3月 1,808,760 -1.11% 29
4月〜6月 2,205,352 21.93% 37
7月〜9月 2,518,600 14.20% 40
10月〜12月 3,142,760 24.78% 35
2009年 1月〜3月 4,028,225 28.17% 72
4月〜6月 5,464,796 35.66% 71
7月〜9月 6,031,051 10.36% 71
10月〜12月 6,160,605 2.15% 59
2010年 1月〜3月 6,197,677 0.60% 54
4月〜6月 6,392,820 3.15% 52
7月〜9月 7,557,805 18.22% 58
10月〜12月 7,805,216 3.27% 66
2011年 1月〜3月 8,288,864 6.20% 65
4月〜6月 10,007,396 20.73% 68
7月〜9月 9,810,679 -1.97% 59
10月〜12月 10,604,885 8.10% 61
2012年 1月〜3月 12,148,057 14.55% 75
4月〜6月 12,591,900 3.65% 69
7月〜9月 13,187,000 4.73% 68
10月〜12月 13,555,571 2.79% 61
2013年 1月〜3月 15,258,884 12.57% 67
4月〜6月 15,629,139 2.43% 66

バックテストの結果 - FXシステムトレード【MHSP】

 

 

いかがでしょうか?
それでは、上記バックデータのご説明を致します。

 

まず先に、この結果は「安定型」設定の複利運用となります。なぜ複利運用なのか?
もちろん単利運用でも構いませんが、【MHSP】の相関トレードでは、前述のとおり
最大7相関ペアセットを活用しますが、実践ではその7セットの中で、トレード経過に
応じて1,000通貨単位で細かくポジショニングをしていきます。

 

端的に申し上げると、資産増加していけばいくほど、それだけ細かいポジショニングが
可能となりますので、無相関ペアセット同士で補い合うリスクヘッジ量も並行して多く
なることで、ヘッジ面、利益面の両方で複利効果を最大に享受できるわけです。

 

したがいまして、【MHSP】に限定して言えば、少々不思議に思われるかもしれませんが、
単利運用よりも複利運用のほうが安全であると言えてしまうのです。

 

次に、2006年〜2013年現在までの、資産増加率は約1600%程度です。
基本的に相関トレードですので、ある程度長い時間軸で判断して頂きたく、データ表記は
3ヶ月(四半期)単位で載せています。

 

四半期「資産推移」は、4〜6月であれば6月末時点の口座残高となります。
「増減率」の見方は、例えば2013年4〜6月の増減率は2.43%となっています。
これは、2013年4〜6月の資産高15,629,139を、2013年1〜3月の資産高15,258,884で
割った数値(%)を増減率として表記しています。

 

3ヶ月単位での中期表示ではありますが、3ヶ月〜6ヶ月程度ほとんど資産増加していない
時期も当然ございます。ですが、区切り時期にもよりますが、1年単位で集計するならば、
毎年平均的に1.3〜1.6倍の単利増加率が見込める結果となります。

 

最大ドローダウンは、7年半の運用でわずか15.13%です!

 

信じられない程の安定感は、【MHSP】だからこそ実現できる数値だと思います。
また、最大ドローダウンの算出方法は、運用開始元本比で計算していますので、
過去7年半何処の時期からスタートしても15.13%を超えることはありません。

 

将来的な断言は出来かねますが、【MHSP】は、理論戦略を用いた相関トレードですので、
今後も大きく15.13%のドローダウンを超えていくことは考え難く、最悪のケースでも
15%〜25%以内には収まるものと想定されています。

 

なお、基本的にドローダウンを計算する場合には、確定残高を見ますが、実際のトレードでは、
確定前のポジション保有中含み額も念頭に置かなければなりません。

 

今回の【MHSP】では、前作【MHS】よりも短期トレードとなっているため、
確定残高と含み損益も考慮した残高の差も小さくなっており、その乖離は、ほぼ10%
以内で推移していきます。

 

 

さて、今一度申し上げますが、上図は最も信憑性の高いフォワード型バックテストの
結果です。
他の爆発力を謳うシステムと比較すると、正直見劣り感があると思います。
2006年〜2013年現在までの7年半、資産増加率は 1600%程度です。
これは複利運用では、正直けして大した数字ではありません。

 

 

ただし、その再現率≠ヘ他システムとは比較になりません!!

 

※また補足として、繰り返し申し上げますが前述した結果は、「安定型」設定での
 ご説明となります。【MHSP】は、各自許容度に応じた設定数値の変更が可能であり、
 「攻撃型」設定では、約7年半の資産増加率は7000%を超え、最大ドローダウンは
 30.35%以内に収まります。

 

 「攻撃型」設定の特徴として、一旦凹むと「安定型」設定よりも凹み幅が
 やや大きくなるため、稀に回復までに「安定型」設定以上の期間を要するケースが
 見受けられますが、型に嵌まった相場では、とてつもない利殖力を発揮致しますし、
 再現率も安定型と変わりありません。

 

無論、カーブフィッティングや一部修正等の手を加えれば、
いくらでも、この結果の何倍もの見栄え良く演出することなどいとも簡単に出来ます。
けれど、そのような必要性は全く無いのです。

 

なぜならば、如何に優れたシステムであっても、必ずマイナス局面や、停滞期は訪れます。
それら全てをデータとして正直に曝け出すことで、実践運用時の心構えにもなり、
月単位や四半期単位で負けることは常にある事実を受け入れることで、
長期に渡りトレード継続していくための指針にして頂きたいと思うからです。

 

 

また、年平均1.3〜1.6倍(安定型)の単利増加率を継続して再現性高く、
将来的に継続して安定して叩き出す
『本物のちから』を理論の裏付けによる絶対的な自信を持っていますので、
何の恐れも揺らぎもございません。

 

システムを選択する上で大切なことは、
そのシステムが『如何なる理論に基づいて設計されているか』ではないでしょうか?
サブプライム問題、リーマンショックにギリシャ危機、経済情勢は何時如何なる時に何が
起こるのか予測不能です。

 

過去のショック相場において、大変苦い経験をされたトレーダー様も多いことと思います。
果たしてトレンド系システムや、根拠無きサイン系システムで勝ち続けることが
出来るのかでしょうか?疑問です。

 

 

【MHSP】は普遍性を備え、あらゆる相場状況下にも順応し、しっかりと各年で
負け込むことなく結果を残しています。今後も残し続けます!

 

根拠無き危険なシステムで、一か八かの投資をされている方、時間が無くトレードに割く
時間が無い方、及び全てのトレーダー様へ、堅実な長期運用型システム【MHSP】への
切り替えをご提案させていただきます。

>> FXシステムトレード【MHSP】の詳細はこちら!
Market Hunt System Premium(MHSP) - 価格キャッシュバック

FXシステムトレード【MHSP】解説ホームページ

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME システムの特徴 バックテスト結果 金額特典返金保証 質問Q&A